むちうち

なぜ整骨院での治療では保険会社が支払いを拒むのですか?

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 

 

追突事故にあい、むちうちになった場合には治療に通う必要もあります。
これは自分自身のためでもありますが、保険会社に治療費や慰謝料の請求をするためには欠かせないプロセスとなります。

 

むちうちの治療は整形外科に通うのが一般的ですが、家の近くに整形外科が無い人もいますね。
むちうちのように痛みがある場合は、あまり遠くの病院に通うというのも無理があるので、近くに接骨院があった場合はそこを選びます。

 

接骨院で治療をすると、保険会社は治療費の支払いを拒む事もあります。
これにはいくつかの理由があります。

 

接骨院も整形外科も病院というイメージなので、医師が治療を行うと考えますね。
しかし整形外科は整形外科医がいますが、接骨院は医師ではなく整骨師しかいません。
接骨院では医療行為ができないので、治療ではなく施術という扱いになります。
保険会社は治療には治療費を支払うが、施術には費用を支払えないとなってしまうのです。

 

むちうちの場合後遺症認定が必要になりますが、これには医師の診断書が必要です。
医師によっては接骨院での施術は治療ではないとして、診断書を書いてくれないケースもあります。

近くに整形外科が無い場合

しかし人によっては仕事や家庭の事情で、どうしても整形外科に通う時間がなくやむを得ず接骨院を選ぶこともあります。
こういう場合は被害者なのに保証を諦めなければいけないのでしょうか?

 

むちうちの場合は後遺症認定の事も考えなければいけないので、医師の診断書を書いてもらう事も視野に入れておきましょう。
どうしても接骨院にしか通えない場合は、診断書を書いてもらう医師にそれを認めてもらえるかどうか相談してみましょう。
保険会社の人にも事情を説明して、事前に了解を取っておくと安心です。

 

断られることもあるのでこの場合は、整形外科への通院が必要になります。
医師に断られた場合は、保険会社からも治療費の支払いを拒否される可能性があるので、ここは各自で交渉するしかありません。

 

本来接骨院での施術も効果がある以上治療となるのですが、医師による治療ではないため仮病で通う事も可能だと変に勘ぐられてしまうのも理由となっているようです。
保険会社や医師によっては、接骨院での施術も治療として認めてくれるケースもありますが、了解なしに勝手な判断で接骨院を選んでしまうとトラブルの原因になるので注意してください。

 

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓