むちうち

交通事故事故でむちうちになった時の示談金や慰謝料はどのくらいですか?

車に乗る場合自分がどんなに注意をして安全運転を心がけていても、相手側が車をぶつけてくる可能性もあります

 

交通事故にも度合いがありますが、むちうちは車の事故の中でも数が多いといっていいでしょう。
自分には一切過失がなく相手側が100%悪い場合でも、怪我の状態によっては慰謝料や示談金について考えておく必要もあります。

 

むちうちの場合は、交通事故直後には興奮していたり緊張している事もありすぐに症状が出ず、後になって痛みを感じ病院に行ったらむちうちだったと診断される事もあります。
車の事故はすぐに症状が出ない事も多いので、後になって相手側から慰謝料の請求などが来る事も珍しくありません。
交通事故を起こしてしまった場合は、どんな些細な事故でも必ず警察と保険会社に連絡を入れておきましょう。

 

穏便に済ませたいからと、当事者同士で話を済ませようとすると、後から高額の慰謝料を請求される事もありますし、きちんと届け出ていないと保険を使えない事もあります。
また示談金や慰謝料の話し合いについては、当事者同士ではなく保険会社の人が間に入り交渉や話し合いを進める事になります。

保険の種類による違い

車を購入するときには、必ず自賠責保険に加入します。
他にも任意保険がありますが、自賠責保険だけでは事故の内容によっては対応仕切れない事も多いので、任意保険には入っておいたほうがいいでしょう。
自分が加害者となった場合には、保険会社の人と相談して加入している保険のプラン内で保証などをまかないます。

 

しかし被害者の場合は、慰謝料の請求をする事もあります。
むちうちの場合はレントゲンやMRIなどでははっきりと症状を確認できません、
ここは厄介な部分もありますが、慰謝料や示談金にも相場というものがあります。
慰謝料のために、痛くもないのに病院に通い実績をつくる場合もありますが、法外な慰謝料や示談金を請求してもそれが通るわけではありません。

 

症状や事故の規模にもよりますが、一般的には50万円から100万円が相場となっています。
もちろんこれ以外にもお見舞い金として済ませるケースもありますし、被害者だった場合に加害者側が充実したプランに加入していれば慰謝料なども多くもらえる事もあります。
治療にかかる期間によっても慰謝料は変わってきますが、保険会社だけでは対応できない場合は弁護士に依頼するといった選択肢もあります。

 

リンク
ブラックリストのホームページへ 遺産相続のホームページへ
メンタルケア心理士のホームページへ 慰謝料のホームページへ
債務整理・過払い金のホームページへ