むちうち

保険会社へのむちうちの証明はどのようにすればよいのでしょうか?

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 

 

交通事故にあいむちうちになった場合には、それを証明しておかないと後々面倒な事になります。
何故かというと、むちうちは事故後すぐに症状が出ずに後になってから痛み出す事が多いからです。

 

そのためにはまず、交通事故にあったら怪我の有無や事故の規模にかかわらずすぐに警察に連絡しましょう。
この時警察は現場検証を行い事故があったことを、交通事故証明書として発行してくれます。
この交通事故証明書があれば、事故直後はなんともなかったので物損事故として処理されてしまっても、後で症状が出た場合は人身事故へと扱いを変える事もできます。

 

もひとつ大切なのは、特にどこか痛いという事がなくても念のため病院に行って診察を受けておく事です。
むちうちの場合は、後になってから痛み出す事も多いので、最初にレントゲンや診察をしたという証拠があれば、後から診断書を発行してもらう事もできるからです。
この時交通事故だという事を病院側に伝えておけば、治療費は後日保険会社に請求する事もできますが、中には一時的に立て替える必要も出てきます。
こういう場合は必ず領収書を保管しておきましょう。

 

警察からもらう交通事故証明書、病院からの診断書などがあれば、後からむちうちの症状が出た場合もそれを保険会社に証明する事が出来ます。

もしもすぐに警察を呼ばなかった場合

軽い事故の場合は自分でも大した事がないと勝手に判断してしまい、当事者同士で話し合いで済ませようとする事もあります。
しかし後になってから、むちうちの症状が出て痛みが酷くなる可能性もあるので、この場合は警察に連絡をして現場検証をしてもらう事になります。

 

既に時間が経過していた場合には、交通事故の痕跡なども消えてしまうので立証が難しくなります。
最悪交通事故証明書の発行ができないとなった場合には、むちうちになってもそれを保険会社に証明できなければ保証も受けられない可能性も出てきます。
加害者側が良心的な人なら、ある程度治療費などを支払ってもらえる場合もありますが、証拠となるものが無ければ逃げられてしまい、治療費などもすべて自腹になる可能性もあります。

 

これではまさに踏んだり蹴ったりの状態となってしまうので、最初の判断はとても重要になります。
どんなに小さく軽い交通事故であっても、むちうちの可能性がある以上は警察に連絡をして、病院に行く事を忘れてはいけません。

 

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓