むちうち

追突事故のためこちら側の保険会社は交渉ができません。どのようにすればよいですか?

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓

 

 

車に乗っている時に何らかの交通事故にあった場合は、加入している保険会社が何もかも手厚く保証や手続きをしてくれるものと思っている人も多いようですね。
確かに自動車保険というのは、万一の時に備えて加入しているのですからそう思うのも当然です。
しかし自分が加害者側なのか被害者側なのかによる違いや、加入している自動車保険のプランによっては保険会社の人が対応してくれない場合もあります。

 

追突事故があった時、あなたが加害者側となった場合には交通事故の状況を確認し、すぐに警察と保険会社に連絡をしましょう。
もしも被害者となり相手が自分にぶつかってきたという場合は、少し事情が変わってきます。
例えば自分にも多少の過失があり、相手が100%悪くない場合には、自分が加入している保険会社に連絡を入れれば加入している保険のプラン内で対応してもらえます。

 

しかしこちら側には一切の過失はなく、相手が100%悪いという場合は自分の保険は使えません。

相手との交渉について

相手側に100%過失がある場合には、相手から治療費や慰謝料などを支払ってもらう事になります。
もしも車に破損があった場合や、むちうちなど後遺症が残るけがを負った場合もすべて相手が保証します。

 

しかし相手も当然のように保険会社の人が交渉しますので、こちらは素人という場合不安もありますね。
保険内で保証をするといっても、保険会社の人だってできるだけ負担を少なくするために安い金額を提示するのでは?と、自分自身での交渉に不安を感じた場合は、弁護士に依頼するという方法もあります。

 

弁護士が代理人となり相手の保険会社の人との交渉にあたります。
弁護士が代理人になれば、相手の保険会社に言いくるめられることもありませんし、示談となってもこちらが納得行く慰謝料などをもらえる可能性も高くなります。

 

ただし示談が成立するという事は、その後一切の保証や慰謝料の請求もできなくなるという事になりますので、相手に急かされたからとって慌てて示談を承諾する必要はありません。
ここは弁護士が間に入るのでこちらの損になるような事はないと思いますが、示談というのはどういう事かをよく理解した上で決めるのがいいでしょう。

 

弁護士に依頼する場合には費用もかかりますが、自力では限界もあるので専門家に依頼したほうが安心ですし、手続きなどもスムーズに行きます。

 

↓↓↓この機会に自動車保険を見直しませんか?↓↓↓